▶︎【最新版】退職代行業者おすすめ20社比較

退職代行とは?初心者でも分かるサービスの実態裏と6つの疑問を徹底検証

「明日から仕事に行きたくない」「自分の意思で退職は伝えづらい」などと悩んでいませんか。

仕事を辞めたいけど辞めづらいという方に代わって、専門の業者が退職手続きをしてくれる「退職代行」というサービスがあります。
このサービスを使うことで、退職まで仕事先の会社と依頼主が連絡を取る必要は一切ありません。

オトシゴくん

退職代行業者の一つである「EXIT」では月に300件以上の依頼があるほど需要が増え続けているよ!

このような業者は現在40社以上あり、それだけ需要があることがお分かりいただけるでしょう。

今回はそもそも退職代行とは何か・トラブルはないのかといった疑問を徹底検証していきます。

仕事で悩んでいる方や、辞めたくても辞めらないといった方はぜひ参考にしてください!

はじめに:退職代行とはなに?

冒頭でもお話した通り、退職代行とは仕事を辞めたくても辞められないという人に代わって、会社に辞める意思を伝えるサービスです。

大まかな利用の流れは以下の4ステップ。

  1. 依頼者がLINEまたはメールで相談する(無制限無料)
  2. 依頼後、退職する日にちなど詳細を決めていく
  3. 退職代行の実施
  4. 退職完了(一切会社側との連絡は不要)

退職代行だけでなく有休消化、貸与物の返却なども依頼者に代わって会社と話し合います。

このように退職におけるあらゆることを手続きしてくれるのが「退職代行サービス」です。


「退職代行おすすめランキング20社」はこちら

退職代行が使われる3つの依頼理由

退職代行サービスを依頼する理由として、現在の日本ではなかなか退職しづらいという現状があるようです。

いったいどういう理由で使われているのか、依頼理由を見ていきましょう。

依頼理由1.会社でパワハラを受けている

依頼理由の一つ目はパワハラ(パワーハラスメント)を上司などにされいることから退職代行を依頼するケース。

パワハラとは、殴る蹴るといった身体的攻撃だけでなく、嫌味や暴言・同僚の目の前で叱責されるなど精神的攻撃もパワハラです。

こういった嫌がらせを法的に訴えるのは現実的にはかなりハードルが高いため、退職代行という形で退職するのも手段の一つです。

オトシゴくん

パワハラを法的に対応すると最終的に赤字になる程お金を消費するケースが多いから、基本的に難しいのが現状だね…。

さらに、パワハラを受けている職場で上司に退職意思を伝えるのは難しい上に、伝えたあとさらに悪化する懸念も。
そのような方は、退職代行という手を使って第三者に助けを求めるのも手段でしょう。

依頼理由2.会社が辞めさせてくれない

給料が低い・仕事量が多すぎる・職場の人間関係が悪いなど理由があって退職したいといったときに、退職を伝えても辞めさせてくれないというブラック企業があります。

このような会社は「人手不足だから」「あと2ヶ月待ってくれ」「人事だけじゃなく、人事課長とも面談してから」など理由をつけて辞めさせないのです。
また、伝えて一度承諾しても結局働かせる上司も。

こういうブラック企業は個人で対応するのは難しそうだね…。

クジラちゃん

しかし、会社側には「辞めさせない」という法的権利はありません。

民法627条1項により、労働者一人一人はいかなる理由があっても退職できる自由があります。つまり会社に拒否権はありません。

こういった「辞めたいのに辞めさせてくれない」という場合は退職代行でサクッと辞めるのもアリ。
大きなトラブルに発展する前に業者に任せるのが安全です。

依頼理由3.退職意思を伝えたあと働くのが気まずい

民法上は2週間前に退職意思を伝えれば退職が認められます。

裏を返せば退職意思を伝えたあと2週間は少なくとも働かなければいけない、ということです。

職場の人間関係が悪いなどの理由で、退職後は働きづらい・気まづいという方もいるでしょう。
それがきっかけでさらに悪化する可能性もゼロではありません。

オトシゴくん

自分で退職意思を伝えるに越したことはないけど、止むを得ない理由があるなら「退職代行」も手段の一つ。

また業者を仲介することで、即日退職という形ですぐに当日に退職を認められるケースが多いです。
万が一残り2週間は働けと言われたら、残っている有給休暇で消化すれば問題ありません。


「退職代行おすすめランキング20社」はこちら

退職代行サービスにおける6つの疑問

さて、ここからは退職代行サービスにおけるよくある疑問を見ていきます。

比較的新しい業界であるため「なんか怪しい」「本当に使って大丈夫なのか」という印象がまだ根付いています。
退職代行における6つの疑問を深掘りしていきましょう。

疑問1.退職代行は法律的に大丈夫?

A.本人ではない第三者が会社に退職を伝えることは、単なる代理行為です。

以下のような業者であれば非弁行為の恐れはありません。

  • 顧問弁護士・行政書士の業務指導がある退職代行業者
  • 労働組合が運営している退職代行業者
  • 弁護士による退職代行

したがって、顧問弁護士や顧問行政書士などから直接業務指導を受け、業者を使者として使っていれば法律範囲内として合法となります。

ただし未払い残業代などの金銭に関する交渉をすると弁護士法に違反になるので気をつけましょう。
残業代を欲しいという旨を依頼者の代理として伝えることはできても、もし会社に断られたら交渉できないということです。

オトシゴくん

とはいっても労働分の支払いは必ず請求できるから、確実に欲しい場合は個人的に労基署に相談することもできるよ。

以上から、コンプライアンスに徹底しており、適切な法律の範囲内で退職代行がされている業者であれば問題ありません。


「退職代行おすすめランキング20社」はこちら

疑問2.退職代行が失敗することはある?

A.民法627条1項により退職する権利は労働者側にあり、必ず退職することは可能です。

また、知名度のある人気業者であれば退職成功率100%の実績を継続しているため心配はありません。

ただし料金が1万円以下とあまりにも安い業者では、素人の担当者が対応することで会社とトラブルを起こしてしまうことも懸念されます。

したがって100%確実に退職するなら、一定の知名度・人気がある業者がおすすめです。

▶︎ ▶︎ ▶︎ 業界最安値!コスパと実績で選ぶなら「ニコイチ」

疑問3.会社から損害賠償を請求されることはある?

A.「辞めるなら損害賠償を請求する」と脅されることもゼロとは言い切れません。

しかしこれはあくまで脅しで、実際に会社側が訴えることは、裁判費用や時間を考慮すると現実的ではないでしょう。
会社側としてもたった一人の社員に費用や時間を費やすよりも、新たに社員を募集する方が効率が良いためです。

また、もし損害賠償を請求した場合でも退職という行為に対して請求が認められることは一切なく、むしろ会社側の損害賠償請求の方が不当と判決が下されます。

以上から損害賠償のリスクはほとんどないと考えて大丈夫です。

もし少しでも不安である場合は団体交渉権を持つ、労働組合が運営する退職代行業社がおすすめです。

▶︎ ▶︎ ▶︎ 訴訟リスクを確実に避けるなら「退職代行SARABA」

疑問4.懲役解雇処分のリスクはある?

A.懲役解雇は会社が恣意的しいてきにできるものではありません。

懲役解雇は無断欠席が2週間以上続いた、など懲役処分できる理由がない限り実行できず、さらに解雇するには労働基準監督署長の認定が必要となります。

単に退職するだけで懲役解雇されることは決してないので安心してください。

会社側が損害賠償や懲役解雇をするのは現実的に不可能に近いんだね…!

クジラちゃん

疑問5.退職時に残業代はもらえる?

A.法律上では理由がどうであれ必ず未払い残業代を支払う必要があります。したがって基本的には支払われます。

ただし、もし会社が断った場合、金銭面の代理交渉は法律上弁護士のみが認められており、退職代行業者が介入できるものではありません。

そのため、未払い賃金を確実に欲しい場合は弁護士に依頼するのが適切です。

▶︎ ▶︎ ▶︎ 未払い賃金を確実に請求するなら法律事務所

疑問6.弁護士に依頼するのとなにが違うの?

A.前述した通り、弁護士は未払い残業代や有給消化の交渉が可能です。

「パワハラを法的に訴えたい」「残業代を確実にもらいたい」「有休休暇を100%消化したい」など万が一のトラブルに法的に交渉してもらう場合は弁護士が役立ちます。

一方で、「安い料金で退職代行を依頼したい」「24時間いつでも相談したい」「アフターケアなどサポートが欲しい」など、ただ退職する目的を達成させたい、コストを抑えたいという方は退職代行業者に依頼するのが向いているでしょう。

また、いずれも退職率は100%の実績があるので”退職できる”という点では大きな違いがありません。
参考:「退職代行は弁護士に依頼した方がいい?知っておきたいメリット・デメリット

オトシゴくん

一般的な法律事務所に依頼すると最低でも15万円以上かかるから、コスパ面ではおすすめできないよ…。

いかがでしたか?
退職代行サービスとは何か?について基本的な内容をお話しました。

これまでの内容も併せて、退職代行業者の特徴は以下の通りです。

  • 退職成功率100%で円満退職できる
  • 会社や上司に退職を伝える必要がない
  • 即日退職も可能
  • 3~5万円程度で依頼できる
  • 有休消化や未払い残業代の交渉はできない
  • 懲役解雇になるリスクは低い
  • 退職を親族に伝わらないように対応してくれる
  • 法律範囲内を厳守している業者であれば非弁の恐れもない

退職代行を使うことで会社との直接的なトラブルを回避できる上に、たった3~5万円程度で円満退職が可能です。

もし弁護士を雇って退職した場合は着手金・オプション費などで計15万円以上かかることを考慮すれば非常に安いでしょう。

なお、実際に利用した方の体験談は下記サイトでまとめています。ぜひ参考にしてください。

▼口コミの詳細はこちら
【口コミ・評判まとめ】退職代行は怪しい?実際に使って分かった体験談34選。本音レビューを大暴露!

退職代行を使うなら!当サイト厳選おすすめ3社

最後に当サイトがおすすめする退職代行業者3社をご紹介します。
40社以上ある企業を徹底的に分析した結果、人気・料金・実績を考慮の元で厳選しました。

※当サイトが紹介するサービスは全て非弁リスクを回避した、法律範囲内を厳守した業者のみをピックアップしています。

①費用・実績②訴訟リスク③未払い賃金のうち何をもっとも重視するかで選ぶ業者も変わってきます。
それぞれ見ていきましょう。

業界最安値!コスパと実績で選ぶなら「ニコイチ」

退職代行ニコイチ
料金 正社員もアルバイトも27,000円一律
(追加料金一切なし)
営業時間 7:00~23:30(メール・LINE24時間対応)
支払い方法 銀行振込、クレジットカード(PayPal,VISA,JCB,MasterCard)
相談方法 電話、メール、LINE
会社名 株式会社ニコイチ

✔︎業界最安27,000円一律 ✔︎創業14年の老舗 ✔︎心理カウンセラー在籍 ✔︎全額返金保証

詳細ページ

代行費用を抑えるなら「ニコイチ」がおすすめ

「退職代行ニコイチ」の料金価格は業界最安値の27,000円一律
正社員・アルバイトなど職種を問わず価格は一定で、追加料金も一切ありません。

さらに万が一退職できない場合は全額返金保証があるため安心。

ちなみに退職成功率は100%を継続中で、過去退職できなかったケースはなく、他社で失敗した案件でも退職を成功させた実績があるのが強みです。

歴史ある創業14年の老舗

2つ目の「退職代行ニコイチ」の特徴は、実績の高さ。
退職代行業者の中でも最も古くから営業しており、今年で創業14年目となります。

これまでの退職成功者数は17,488人(2020年10月時点)で、実績においても間違いなく他社を圧倒しています。
長い経験から得たノウハウがあるのは、「退職代行ニコイチ」ならではの利点でしょう。

したがって、一円でも安く・確実な退職をしたい方は「退職代行ニコイチ」がお得です。

\ 業界最安値 /

※トラブル回避の為、依頼時は必ず本名(漢字)で申し込み下さい

訴訟リスクを確実に避けるなら「SARABA」

退職代行SARABA
料金 29,800円
→27,000円に値下げ中
営業時間 24時間対応
支払い方法 銀行振込、クレジットカード(Master Card,VISA,AMERICAN EXPRESS,JCB,DISCOVER NETWORK,UnionPay)
相談方法 電話、メール、LINE
会社名 株式会社ワン

✔︎労働組合が運営 ✔︎100%返金保証 ✔︎有休消化成功率98% ✔︎即日退職可能

詳細ページ

業界初!労働組合が退職代行を実行

いくら退職代行業社が代行しても、会社側が「弁護士を通してください」「損害賠償を請求する」といった場合対応できなくなります。

退職代行SARABA(サラバ)」は労働組合が退職代行をすることで会社との交渉を可能にしています。

団体交渉権がある労働組合のメリットは、交渉しないのは違法になるため会社は従わざるを得えないという点。
会社が労働組合と交渉しなければ不当労働行為になります。

そのため、「退職代行SARABA」は以下の3点に対応できます。

  • 会社側に損害賠償だと言われた場合の対応
  • 未払い賃金の請求
  • 退職日の調整
  • 会社が実際に訴訟する可能性は極めて小さいものの、万が一のリスクを避けたいという方は「SARABA」を使って代行依頼しましょう。


    \ 労働組合が運営 /

    ※トラブル回避の為、依頼時は必ず本名(漢字)で申し込み下さい

    未払い賃金を確実に請求するなら法律事務所

    弁護士法人みやび
    料金 着手金:54,000円、その他オプション費・実費など
    営業時間 AM10:00~PM9:00 不定休
    弁護士 佐藤 秀樹
    問い合わせ方法 LINE・メール
    名称 弁護士法人 汐留パートナーズ法律事務所

    ✔︎弁護士による万全対策 ✔︎有休消化可能 ✔︎残業代請求対応 ✔︎相談料無料

    詳細ページ

    弁護士による退職代行

    弁護士法人みやび」は一般的な退職代行業者とは異なり、弁護士が直接退職代行をする法律事務所です。

    退職代行業社との一番の違いは、未払い残業代の請求や退職金などの請求ができる点
    さらに万が一脅し文句として会社側に訴訟を伝えられた際も対応できます。

    ただし、退職代行業界の相場が3~5万円程度に対し、弁護士法人みやびは着手金54,000円〜となり、金額がやや高め。
    そのため、コスパはあまりよくありません。

    とはいえ一般的な弁護士を雇うと平均相場15万円以上かかることを考慮すれば、いかにお得かが分かるでしょう。

    なお、営業時間はAM10:00~PM9:00で、相談料は無料です。


    \ 退職代行に対応している法律事務所 /

    ※トラブル回避の為、依頼時は必ず本名(漢字)で申し込み下さい

    まとめ

    メディア露出などもあり、ここ数年で急に知名度が上がってきた「退職代行」。

    今回は初心者にもわかりやすく、サービスの概要やよくある疑問をお話しました。

    結論としては、退職するかしないかの権利は労働者にあり、会社が決めることはできません
    したがって退職は必ずできます。

    いざこざが起きる前にさっさと辞めて解決させたいね!

    クジラちゃん

    仕事の人間関係やトラブルで鬱になったり、体に少しでも影響が出る場合は、我慢するのではなく今すぐにでも今後について考えることをすすめます。

    これを機に退職して次のステップへ進んでみませんか?

    業界最安値!コスパと実績で選ぶなら「ニコイチ」
    退職成功率100% 創業14年の老舗 心理カウンセラー在籍

    退職成功者数NO.1!格安&安心を求めるなら間違いなし!

    ▶︎ 詳細ページ

    訴訟リスクを確実に避けるなら「退職代行サラバ」
    労働組合が運営 有休消化98%の成功率 即日退職可能

    サポート力抜群!転職サポート付き!

    ▶︎ 詳細ページ

    未払い賃金を確実に請求するなら「弁護士法人みやび」
    弁護士による退職代行 残業代請求可能 相談料無料

    直接弁護士を利用するならココ!未払い残業代が確実にもらえる

    ▶︎ 詳細ページ