▶︎【最新版】退職代行業者おすすめ20社比較

退職代行の使い方は?手順・仕組み・流れを完全初心者向けに解説

退職代行サービスを実際どのような流れで使うのかご存知ですか。

そもそも退職代行とは、退職したい労働者に代わって専門業者が退職の手続きをしてくれるサービス。
とはいえ、まだ業界自体が新しいこともあり、イマイチ仕組みが分からない方も少なくないでしょう。

オトシゴくん

実はすごく簡単。依頼した当日に会社を辞めることもできるよ!

そこで今回は、退職代行の使い方について具体的に手順や仕組みを解説していきます。

退職をしようか悩んでいる方や、退職代行を検討している方はぜひ参考にしてください。


退職代行おすすめランキング20社比較へ

退職代行の使い方・手順を6Stepで解説!

どのように退職代行を依頼するのか、簡単な流れを6ステップで見ていきましょう。

今回は当サイトがおすすめする、業界最安値で創業14年の退職代行ニコイチの依頼方法で解説します。

騙されるな!退職代行ニコイチの口コミ評判からわかるメリット・デメリット

とはいえ、退職代行サービスを提供する企業は40社以上ありますが、基本的に手順はどこも同じだと思って大丈夫です。

Step1.LINEで相談する(無料)

はじめに公式サイトからLINEで「友だち追加」します。

自動返信メッセージが来るので、相談内容や悩みを返信してください。
相談自体は無料なので、まずは相談した上で依頼するかを判断すると良いでしょう。

オトシゴくん

ちなみに相談方法は、LINE以外にもWebフォームや電話でも可能だよ!

Step2.依頼&入金する

相談後、納得できたら実際に代行業務を依頼します。

その際に銀行振込またはクレジットカードで入金してください。

入金確認後、LINEで定型フォームが送られてくるので、個人情報や職場の連絡先などを記載しましょう。

Step3.担当者と打ち合わせ

本格的に打ち合わせしていきます。

なお、主な内容は
退職電話をかける日時
退職時に会社に伝えて欲しいこと
どのような流れで進めていくか

などです。

その際に、有給休暇についてや、退職後に本人や親に連絡しないといった内容を代行業者に頼んでおくと良いでしょう。

Step4.退職代行スタート

担当のコンサルタントが、依頼者の希望日時に職場に電話して退職の電話をします。

依頼者は何もせず、退職完了の連絡が来るまで待っているだけで大丈夫です。

Step5.退職手続き開始

退職ができたら、担当者から連絡が来ます。

数日後に退職に関する書類が自宅に郵送されるので、あとは自分で退職届を作成し、返却物と一緒に職場に郵送すればOK。

また、源泉徴収票・社会保険資格喪失証明書・離職票・年金手帳など必要書類に関しては、担当者から説明があるので安心して大丈夫です。

Step6.退職完了

退職後の必要書類が手元に届けば無事退職完了です。

いかがでしたか?
手順自体は簡単だったかと思います。

業者によるものの、退職代行サービスを依頼後、即日で退職できます。
特に退職代行ニコイチであれば申し込み後、最短10分で職場に電話可能です。

まずは無料相談で実際に話を聞いたのち判断すると良いでしょう。


退職代行おすすめランキング20社比較へ

※当サイトが紹介するサービスは全て非弁リスクを回避した、法律範囲内を厳守した業者のみをピックアップしています。

初心者でも失敗しない退職代行業者の選び方

最後に実際に退職代行の業者選びをしていきましょう。

現在40社以上の業者がありますが、中には詐欺まがいの悪徳業者があるのも現状。

そこで当記事では、損せず確実に退職できる選び方を解説します。
主なポイントは以下の3つ。

  1. 退職の成功実績があるか確認する
  2. 合法的に業務が行われているか確認する
  3. 料金は追加料金がないか確認する

それぞれ確認していきます。

ポイント1.退職の成功実績があるか確認する

退職代行業者において成功実績は非常に大事。
退職は一度きりであるため、もし失敗すればそのまま働く羽目になってしまいます。

特に退職成功率100%と公言していても、実際には数10件ほどしか実績がない業者もあったりします。

したがって成功実績を見る際には、以下3点を重視しましょう。

  • 退職成功率が100%かどうか
  • これまでの退職成功者数はどれくらいか
  • ある程度の人気・知名度がある業者かどうか

退職成功率だけではなく、利用者数の実績もある業者がおすすめです。

参考:退職代行の累計利用者数で分かる人気業者リスト|退職成功者数が多い理由を徹底解剖

ポイント2.合法的に業務が行われているか確認する

2つ目のポイントは、その業者が法的範囲内を守って業務を行なっているかということです。

業者の中には、素人しろうとが業務にあたっていたり、非弁行為(弁護士法違反)をしている業者も。
このような業者に依頼すると、万が一トラブルになった場合に対応してもらえず高額請求されるリスクがあります。

そのため、業者を選ぶ際は以下のいずれかに当てはまる業者を選ぶのが適切です。

  • 顧問弁護士指導の業者
  • 顧問行政書士指導の業者
  • 労働組合が運営している業者

このいずれかであれば、コンプライアンスを守って会社とやりとりができるので、非弁行為の恐れがありません。

ポイント3.料金は追加料金がないか確認する

最後のポイントとして、料金に追加料金がないのかも確認しておきましょう。

特にあまりにも安い1万円以下の業者などは要注意です。
一見安く見えますが、代行費用とは別に「即日の実行+1万円」「営業時間外の対応+2万円」といって追加料金を請求するケースがあります。

公式サイトに”一律料金”と記載されているかをしっかり確認してください。

▶︎ ▶︎ ▶︎ 業界最安値!28,000円一律で依頼するなら「退職代行ニコイチ」詳細はこちら

まとめ

いかがでしたか?
今回は完全初心者の方向けに、退職代行サービスを利用する手順を解説しました。

申込当日にすぐ辞められるのはプロに任せられるからこそだね!

クジラちゃん

なお、業者選びに迷ったら当サイト統計の人気業者から選ぶのも手です。

自分にあった退職代行サービスを利用してみましょう!


退職代行おすすめランキング20社比較へ

※当サイトが紹介するサービスは全て非弁リスクを回避した、法律範囲内を厳守した業者のみをピックアップしています。

迷ったら!今月の人気(申込者数)ベスト3

1.業界最安値!実績NO.1の「退職代行ニコイチ」
退職成功率100% 創業14年の老舗 心理カウンセラー在籍

退職成功者数NO.1!格安&安心を求めるなら間違いなし!

▶︎ 詳細ページ

2.知名度抜群!LINEで即日退職できる「EXIT」
メディア実績NO.1 実質無料で利用可 手厚いサポート

テレビCMで知名度抜群の大手!24時間365日対応!

▶︎ 詳細ページ

3.顧問弁護士在籍で合法退職「退職代行Jobs」
弁護士監修による合法退職 今なら2万円割引 翌日後払いも対応

全額返金保証有り!代表者の顔が見れるので安心面も◎

▶︎ 詳細ページ