▶︎【最新版】退職代行業者おすすめ20社比較

【5分で理解】退職代行で無断欠勤扱いになるのかプロが徹底解説

「退職代行を使っても無断欠勤扱いにはならないのか」と心配していませんか?

退職代行は第三者が退職手続きを行うため、本当に辞められるのか疑問に思う方も少なくないでしょう。

万が一無断欠勤扱いになれば、懲役解雇になるリスクも…。

そこで今回は、退職代行サービスで無断欠勤扱いになるのか、そして無断欠勤を確実に避ける方法についてもご紹介します。

以下の記事もチェック!
退職代行サービスとはそもそも何かを知りたい場合は「退職代行とは?初心者でも分かるサービスの実態裏と6つの疑問を徹底検証」をチェック

今月の最新情報は「【最新版】退職代行おすすめランキング20社比較!料金相場・人気業者を大公開」をチェック

退職代行サービスの無断欠勤における2つの疑問

退職代行サービスを使って無断欠勤のリスクはないのか、2つの疑問を見ていきましょう。

疑問1.退職代行で休むと無断欠勤扱いになる?

結論から言うと、「退職代行を使って無断欠勤扱いになる可能性はかなり低い」です。
ほぼないと言い切っても良いでしょう。

そもそも労働者は、いかなる理由であれ2週間前に退職意思を伝えれば必ず辞められる権利があります。(民放627条1項)

そのため退職代行サービスでは、会社に退職意思を伝えた後、2週間分の有給休暇を使って退職させます。
この方法を使うので無断欠勤になる恐れがない訳です。

オトシゴくん

2週間はあくまで民法上の話であって、大体のケースは2週間も待たずに即日退職を認める会社が多いよ…!

疑問2.無断欠勤で懲役解雇になる可能性は?

また、万が一無断欠勤となった場合でも懲役解雇になる可能性はほぼありません。

そもそも懲役解雇が適応できるのは、会計上での不正など金銭の横領や、重大な過失・犯罪行為です。

会社側が無断欠席だけを理由に懲役解雇を下すのは非常にハードルが高く、恣意しい的にできるものではありません。
少なくとも無断欠勤が2週間以上にわたる必要があるでしょう。

最大でも2週間で必ず辞めれるから懲役解雇になる条件に満たしてないんだね。

クジラちゃん

オトシゴくん

解雇するという意思表示が相手に達しないと効力は一切無く、さらに労働基準監督署長の認定が必要などと会社側としても現実的に難しいんだ。

そのため無断欠勤や懲役解雇のリスクはなく、安心して退職代行サービスは利用できます。

とはいえ、業者によってはうまく交渉してくれなかったり、素人しろうとが対応している場合も。
そのため業者選びは料金だけではなく、実績・人気・評価も考慮した上で判断しましょう。


退職代行おすすめ20社比較はこちら

※当サイトが紹介するサービスは全て非弁リスクを回避した、法律範囲内を厳守した業者のみをピックアップしています。

退職代行で無断欠勤を確実に避ける方法

退職代行サービスで無断欠席のリスクがないとはいえ、万が一のトラブルには備えたいですよね。

特に、会社自体厳しかったり、上司の性格上、嫌がらせを受けることもあるかもしれません。

そこで、最後に無断欠席扱いを確実に避ける方法を2つご紹介します。

1.有給休暇がある場合は消化する

無断欠席扱いを避ける一つ目の方法は「有給休暇を消化する」こと。

冒頭でも解説したように、退職代行を使って辞める際には、2週間分の有給休暇を消化すれば当日から出勤する必要がありません。
そのため無断欠席扱いにもならず、確実に退職できます。

オトシゴくん

有給休暇の取得は労働基準法第39条で義務化されているから、必ずもらえる権利があるよ!

ただし、この有給休暇の取得は会社によっては曖昧に取り扱い、わざと消化させずに無断欠席にするケースも。

こういったトラブルを避けるためにも、有給休暇サポートがしっかりしている業者に依頼しましょう。
退職代行業者の中には素人が対応する悪徳業者も紛れているので、プロが対応している業者がベストです。

▶︎ ▶︎ ▶︎ 有休消化取得率98%!確実に退職できる「退職代行サラバ」の詳細はこちら

2.有給休暇がない場合は欠勤連絡する

もし有給休暇が残っていない・そもそもないという場合は、「欠勤連絡」をしましょう。

この連絡をおこたると”無断欠勤扱い”となるので注意です。

なお、欠勤連絡は以下の3点を行なってください。

  1. 退職代行を通して、欠勤したのち退職する旨を伝えてもらう
  2. 退職届にも欠勤する旨を記載しておく
  3. 退職届は内容証明郵便で送る

この3点をやっておけば「欠勤したのちに退職した」という証拠が残るので、会社側としても無断欠勤と扱うことはできません。

▼関連記事
退職代行を使うと損害賠償や懲役解雇のリスクはあるのかプロが徹底解説

まとめ

いかがでしたか?
今回は退職代行サービスで無断欠勤扱いになるのかを解説しました。

内容をまとめると、以下の通り。

  • いかなる理由であれ2週間前に退職意思を伝えれば必ず退職できるため、無断欠勤になることはない
  • 退職代行を使って有休消化をすれば退職可能
  • 有給休暇が残ってない場合は欠勤連絡をする

退職する権利は労働者全員にあります。
少しでも悩んでいる場合は、まずはプロのコンサルタントに無料相談してみましょう。

なお、当サイトでは40社以上ある中でも、厳選しおすすめできる企業を紹介しています。
よければ以下の記事も参考にしてみてください!


退職代行おすすめ20社比較はこちら

※当サイトが紹介するサービスは全て非弁リスクを回避した、法律範囲内を厳守した業者のみをピックアップしています。

迷ったら!今月の人気(申込者数)ベスト3

1.業界最安値!実績NO.1の「退職代行ニコイチ」
退職成功率100% 創業14年の老舗 心理カウンセラー在籍

退職成功者数NO.1!格安&安心を求めるなら間違いなし!

▶︎ 詳細ページ

2.訴訟リスクを確実に避けるなら「退職代行サラバ」
労働組合が運営 有休消化98%の成功率 即日退職可能

サポート力抜群!転職サポート付き!

▶︎ 詳細ページ

3.顧問弁護士による安全な退職なら「退職代行Jobs」
弁護士監修による合法退職 今なら2万円割引 翌日後払いも対応

全額返金保証有り!代表者の顔が見れるので安心面も◎

▶︎ 詳細ページ