▶︎【最新版】退職代行業者おすすめ20社比較

危険!退職代行で即日退職する場合に知っておきたい注意点

今すぐ今日にでも仕事を辞めたい…と悩んでいませんか。

とはいえ会社をバックレるのはリスクが多いため適切ではありません。
そこで当サイトでは即日退職ができる退職代行サービスをおすすめします。

オトシゴくん

退職代行とは、専門業者が依頼者の代わりに退職の代行手続きをしてくれるサービスだよ!

この退職代行を使えば上司と顔を合わせずに今すぐにでも辞めることが可能です。

今回は退職代行の概要と、即日退職する際の注意点について見ていきましょう。

明日から仕事に行きたくない、安全に退職したいという方はぜひ参考にしてください!

以下の記事もチェック!
退職代行サービスとはそもそも何かを知りたい場合は「退職代行とは?初心者でも分かるサービスの実態裏と6つの疑問を徹底検証」をチェック

今月の最新情報は「【最新版】退職代行おすすめランキング20社比較!料金相場・人気業者を大公開」をチェック

退職代行で即日退職する方法

冒頭でもお話したように、退職代行サービスを使えば即日退職が対応できます。

実際に退職代行業社に依頼後、すぐに退職できたという声も。

「即日退職出来ました」「何となく登録してお金振り込んだら、その日に辞めることになった」と実際の体験談ですね。

もちろん退職する希望の日にちを決めることも可能で、さらに当日でも対応できるということです。

即日退職の手順は簡単

即日退職の大まかな流れはいたって簡単です。

  1. 依頼者がLINEまたはメールで相談する(無制限無料)
  2. 依頼後、退職する日にちなど詳細を決めていく
  3. 退職代行の実施(担当者が職場に退職電話をする)
  4. 退職完了(一切会社側との連絡は不要)

その際に、有休消化や貸与物の返却なども依頼者に代わって会社と話し合います。

このように退職におけるあらゆることを手続きしてくれるのが「退職代行サービス」。

例として、退職代行業社の一つである「ニコイチ」では、申し込み依頼から最短10分で職場に退職電話ができると公言しています。


「退職代行おすすめランキング20社」はこちら

仕事をバックレるのはおすすめしない

今すぐ仕事を辞めたいからといってバックレをするのはおすすめしません。

万が一バックレた場合以下のようなリスクがあるからです。

  • バックレによる無断欠席が続くと懲役解雇されるリスク
  • 給料が支払われない恐れがある
  • 心配して警察に模索願を出される可能性も
  • 身元保証人(親など)に連絡が行く場合がある

自分で退職を伝えない場合はせめて第三者を介入させることで、会社側も辞めることを正式に認めてくれます。



必読!退職代行で即日退職する際の2つの注意点

即日退職するのに退職代行は確かに便利ですが、とはいえいくつか注意点があります。
いきなり退職する前にそれに対するリスクも知っておきましょう。

注意1.会社によっては即日退職を認めないことがある

一つ目の注意点が、会社によっては即日退職を認めないことがあるということ。

原則的に退職は2週間前に伝えるのが民法上決まっているため、会社によっては即日退職させないケースがあります。
具体的に民放627条1項を見るとわかりやすいでしょう。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申し入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申し入れの日から2週間を経過することによって終了する。

ー 民法(期間の定めのない雇用の解約の申入れ)627条1項

内容を要約すると「2週間前に退職を伝え、その2週間を経過すれば、いかなる理由でも退職できる」ということ。
つまり2週間前には退職の意思を伝えるのが基本事項となっています。

では反対に、なぜ退職代行を使うと即日退職が認められるかというと、以下の理由が考えられるでしょう。

  • 原則的は2週間前に伝えてほしいが、会社側がこれ以上問題を大きくしないために承認している
  • 退職代行業社という第三の仲介によって認めざるを得ない

こういった理由からほとんどのケースで即日退職を認めてもらえますが、民法の決まりを知っている会社であれば正式に反論してくる場合もあるでしょう。

その場合は、依頼者の”残っている有給休暇”を使えばOK
2週間分の有給休暇があれば退職を伝えた後でも出勤せずに済みます。

したがって、即日退職を認めないリスクのためにも念の為2週間以上の有給休暇を残しておくのが得策です。

オトシゴくん

残っている有給休暇は法律上すべてもらえる権利があるから安心…!

注意2.離職票をもらうのが遅くなる場合がある

即日退職の2つ目の注意点は離職票をもらうのが遅くなる場合があるというもの。

退職後に失業保険(失業手当)を受給するためには離職票が必須です。
この離職票は、ハローワークから会社に送付され、会社は退職した本人に送付する役割があります。

しかし、退職したことに対する嫌がらせなど以下の理由でこの離職票なかなか送られてこないケースが。

  • 会社の嫌がらせで故意に送らない
  • 忙しくて忘れている
  • 離職票を交付する手続きを怠っている

その際には会社に交付の請求をする、もしくはハローワークに直接相談しましょう。会社に対応するよう促してくれます。

また、このような離職票をもらえず失業手当がもらえない、というリスクを防ぐためにも、あらかじめ貯金してお金に余裕を持っておくのが大切です。


以上のように、いきなり会社を辞めると会社側から”嫌がらせ”という形で何かしらリスクを負いかねません。

そのため事前に準備をしておくことをおすすめします。

  • 会社が即日退職を認めない場合
    →有給消化を使って即日退職する
    2週間分の有給休暇をためておく
  • 離職票が会社から送られてこない場合
    あらかじめ貯金しておく

とはいえ、実績のある業者であれば即日退職を問題なく対応してくれます。
したがって実績の高い業者で依頼するのが確実でしょう。


「退職代行おすすめランキング20社」はこちら

いますぐ退職するなら!即日退職に対応している退職代行3選

最後に即日退職に対応している業者3社をご紹介します。

なお、選び方としては以下の方法が良いでしょう。

※当サイトが紹介するサービスは全て非弁リスクを回避した、法律範囲内を厳守した業者のみをピックアップしています。

業界最安値!費用を抑えるなら「ニコイチ」

退職代行ニコイチ
料金 正社員もアルバイトも27,000円一律
(追加料金一切なし)
営業時間 7:00~23:30(メール・LINE24時間対応)
支払い方法 銀行振込、クレジットカード(PayPal,VISA,JCB,MasterCard)
相談方法 電話、メール、LINE
会社名 株式会社ニコイチ

業界最安27,000円一律 創業14年の老舗 心理カウンセラー在籍 全額返金保証

詳細ページ

代行費用を抑えるなら「ニコイチ」がおすすめ

「退職代行ニコイチ」の料金価格は業界最安値の27,000円一律
正社員・アルバイトなど職種を問わず価格は一定で、追加料金も一切ありません。

さらに万が一退職できない場合は全額返金保証があるため安心。

ちなみに退職成功率は100%を継続中で、過去退職できなかったケースはなく、他社で失敗した案件でも退職を成功させた実績があるのが強みです。

歴史ある創業14年の老舗

2つ目の「退職代行ニコイチ」の特徴は、実績の高さ。
退職代行業者の中でも最も古くから営業しており、今年で創業14年目となります。

これまでの退職成功者数は17,488人(2020年10月時点)で、実績においても間違いなく他社を圧倒しています。
長い経験から得たノウハウがあるのは、「退職代行ニコイチ」ならではの利点でしょう。

したがって、一円でも安く・確実な退職をしたい方は「退職代行ニコイチ」がお得です。

\ 業界最安値 /

※トラブル回避の為、依頼時は必ず本名(漢字)で申し込み下さい

知名度NO.1!人気&実績で選ぶなら「EXIT(イグジット)」

退職代行EXIT(イグジット)
料金 正社員・契約社員:50,000円
アルバイト・パート:30,000円
営業時間 24時間対応
支払い方法 銀行振込、クレジットカード(VISA,MasterCard,JCB,AMERICAN EXPRESS,Diners Club)
相談方法 LINE、メール
会社名 EXIT株式会社

メディア掲載実績NO.1 LINEで即日退職 2回目以降は割引き 転職サポート付

詳細ページ

メディア掲載実績&知名度が業界NO.1

NHK、フジテレビなどの大手テレビ局や朝日新聞、毎日新聞といったメディアでも幅広く紹介された実績がある「退職代行EXIT(イグジット)

このメディアの露出度の高さから、退職代行業者の中では知名度がもっとも高いです。

そのため、依頼者も当然多く、現在では月300件以上の依頼をこなしている人気業者です。

知名度の高さは安心にも繋がるので、「退職代行を使うのがまだ不安」という方は「退職代行EXIT」といった大手に依頼すると良いでしょう。

アフターケアのサポートが手厚い

サポート面が他社よりも充実している点も「退職代行EXIT」のメリット。

残っている有給休暇の消化については「有給消化サポート」で確認してくれるため、取得可能です。

また、EXITを一度利用したことがある依頼者であれば、「ネクストサポート」で次回以降、1万円割引きのサービスも。

さらに、退職代行終了後、無料の「転職サポート」で転職が決定した場合、代行費用が全額キャッシュバックで戻ってくるサポートもあります。
つまり”実質無料で退職できる”ということになります。

このように、万全なサポートが充実しているので、サポートも重視して退職したい方は「退職代行EXIT(イグジット)」が向いているでしょう。


\ 高い知名度でサポート抜群 /

※トラブル回避の為、依頼時は必ず本名(漢字)で申し込み下さい

顧問弁護士による安全な退職なら「退職代行Jobs」

退職代行Jobs
料金 正社員・契約社員・パート・アルバイト:29,800円【期間限定2万円割引】
営業時間 24時間対応
支払い方法 銀行振込、クレジットカード(VISA,MasterCard,AMERICAN EXPRESS,JCB,Diners Club)、paidy翌月後払い
相談方法 電話、メール、LINE
会社名 株式会社アイリス

合法的な退職が可能 全額返金保証 2万円割引 即日退職可能

詳細ページ

トラブル一切なく円満退職が可能

退職代行Jobs」は京都大学卒の経歴を持つ顧問弁護士西前啓子氏による指導のもと、合法的に代行業務が行われています。

退職代行業者の中には、弁護士資格を持たない素人が対応する”違法行為”を行なっている業者があります。

このような非弁活動は退職が無効になるリスクがあり、合法的に退職するには顧問弁護士や行政書士からの直接指導を受ける必要があります。

そのため、「退職代行Jobs」はトラブルの恐れなく円満退職ができる点で、安心して依頼できるのが強みです。

また公式サイトを見ると分かるように、西前啓子氏本人の顔を自ら出しており、企業概要も詳しく記載されているため、信頼面においても群を抜いていますね。

翌月後払い可能

翌月後払いに対応している業者は現時点で「退職代行Jobs」のみ。

退職時は金銭的にも余裕が出来づらいことを考慮すると、非常に嬉しいサービスです。

「今すぐ退職したいけどお金がない」という方はこのサービスを使うと良いでしょう。

24時間365日いつでも対応可

「退職代行ニコイチ」は受付が7~23時ですが、「退職代行Jobs」では24時間365日いつでも対応している点もメリット。

そのため残業終わりで深夜でしか相談できない方や、休日祝日に依頼したい方などどんな状況でもすぐに相談・依頼ができます。

まずは気軽に無料相談からしてみましょう。


\ 心理カウンセリング特典アリ /

※トラブル回避の為、依頼時は必ず本名(漢字)で申し込み下さい

まとめ

事前に退職意思を伝えておくのに越したことはないですが、どうしてもすぐに退職せざるを得ないという場合は即日退職も手段の一つです。

「精神的に辛い」「明日出勤したらもう持たない」などかなりの所まで追い込まれている場合もあるでしょう。

当記事がここで主張したいのは、この記事を検索して読んでいる時点であなたは仕事について少なくとも悩んでいるはずです。
いくら毎日我慢し続けたところで解決することはありません。自分を助けてくれるのは自分本人なのです。

退職するのは勇気や行動力が入りますが、もしもう耐えられないとなったら今すぐ逃げて職場環境を変えるのもアリ。

オトシゴくん

退職の自由は法律上労働者一人一人に与えられた権利だから、どんな理由であれ辞めれるよ…!

まずはお試しに無料相談して心機一転、次のステップへ進んでみましょう!

いますぐ退職するなら!即日退職に対応している退職代行3選

1.業界最安値!費用を抑えるなら「ニコイチ」
業界最安値 創業14年の老舗 心理カウンセラー在籍

退職成功者数NO.1!格安&安心を求めるならコレ!

▶︎ 詳細ページへ

2.知名度NO.1!人気&実績で選ぶなら「EXIT(イグジット)」
メディア掲載実績NO.1 LINEで即日退職 転職サポート付

知名度抜群!対応の早さとサポート力に自信アリ

▶︎ 詳細ページへ

3.顧問弁護士による安全な退職なら「退職代行Jobs」
合法的な退職が可能 全額返金保証 2万円割引

トラブルを避けるなら!顧問弁護士による徹底サポート!

▶︎ 詳細ページへ