▶︎【最新版】退職代行業者おすすめ20社比較

【仕事が辛い・しんどいと感じたら】原因から分かる本当の対処方法|悩みやストレスを抱える前に

毎日の仕事が辛い、しんどいと思っていませんか。
一日の半分以上を費やしている仕事に何かしらストレスがあれば辛いと感じるのも無理ありません。

そしてそういった悩みは必ずしも甘えとは限りません。

もし本気で悩んでいるなら転職するのも手。
ただ、その前に自分でできる限りの対策を試してみてください。

当記事では、仕事に悩みやストレスを感じている方向けに、その原因・対策法をご紹介していきます。

真剣に今の環境を変えたいと思っている方はぜひ一読して参考にしてみてください。

以下の記事もチェック!
辞めたいけど辞めづらい…という方は退職代行も手段の一つ「退職代行とは?初心者でも分かるサービスの実態裏と6つの疑問を徹底検証」をチェック

「仕事が辛い・しんどい」方向けストレスチェック

仕事が辛い・しんどいと感じることは決して甘えではなく、罪悪感や責任を感じる必要はありません。

頑張ろう、我慢しようと思っていてもいずれは限界がくるものです。
まだ大丈夫と思いつつも、見えない部分で悲鳴をあげ気づかないうちに鬱うつになるケースも。

仕事が辛いと感じているなら一度立ち止まって冷静に今後のことを見つめるのも大切です。

まずは仕事へのストレスが生活面に影響していないか以下の6項目をチェックしておきましょう。
2つ以上当てはまる場合は要注意です。

  1. 毎日体の調子が悪い・だるい
  2. 夜眠れない
  3. 頭痛・めまいや吐き気が続く
  4. 体重の急激な増減があった
  5. 急に泣き出すなど情緒不安定
  6. 不健康な方法(過度なタバコ・やけ酒)でストレス発散する

これらの状態が2週間以上続く場合はうつ病の可能性も懸念されます。

私なら大丈夫と思っていても他人ごとのように放置しておくと、抗うつ薬による治療やカウンセリングや認知行動療法などの治療という最悪のケースに至る場合もあるのです。

会社や仕事を辞めさせてくれない…退職できない場合の3つの対処方法

500人に徹底調査!仕事が辛い・しんどいと感じる理由と対策方法

「なぜ仕事を辛い・しんどいと感じるのか」という原因や根拠をしっかり認識しておくことが、実は解決の近道になったりします。

そこで当サイトでは500人分の意見を集計し、仕事が辛い・しんどいと感じる原因をランク化しました

原因はどこにあるのか、またその対処方法についてもぜひ参考にしてみてください。

第1位「人間関係の悪化」

  • 上司に長時間にわたり執拗に叱られる
  • 同僚から陰口を言われた
  • あいさつを無視される
  • 嫌がらせ受けて仕事がやりづらい
  • もっとも多い第1位の悩みが「人間関係の悪化」。
    上司と合わない、同僚と一緒に仕事をしたくないという声が大きくあがりました。

    対策方法1.相談窓口に相談する

    まずは会社の人事部や社内相談窓口に相談しましょう。
    上の組織に相談することで、人事異動など物理的に苦手な人から離れることができるケースも

    トラブルを最小限に抑えて解決するならもっとも簡単な方法です。

    対策方法2.パワハラを受けてる場合は労働基準監督署へ

    もし社内に相談窓口がない場合や、社内では解決できない場合は、外部の相談窓口に相談してください。

    全国の労働局・労働基準監督署にある総合労働相談コーナーは、無料で相談を受け付けており、電話でも相談できます。

    他にも無料相談機関はあるので参考にすると良いでしょう。

    特に、「上司からのパワハラ」「同僚からの嫌がらせ」など法に触れるほど関係悪化している場合は積極的に対応してもらえます。

    第2位「仕事のミスで自己嫌悪になる」

  • 仕事を覚えられない
  • 自分のミスで周りの足を引っ張ってしまう
  • 仕事のミスをするのが怖い
  • 結果がともなわない
  • 「仕事のミスで自己嫌悪になる」という悩みは、入社して間もないなど20代に多く見受けられました。
    とはいえ、10年以上いるにも関わらずミスをして精神的にきている…という方も。

    対策方法:できる限りの努力をする

    まず理解しておきたいのが、ミスは誰でもするものです。

    ミスに対して恐怖心が拭えないと、再び同じミスを繰り返してしまうといった悪循環になりやすいもの。
    まずは一度冷静になって、何が原因でミスをしたのか振り返りましょう。

    ▼ミスを減らすための確認事項

    • 失敗したミスを必ずメモし、出勤前に確認する
    • “スピード”ではなく”確実性”を重視する
    • 必要最低限やるべき仕事は何か上司に決めてもらう
    • 仕事量が多い場合は減らしてもらう
    • 同期と比べない
    • 確認ミスなら声に出して内容を確認する

    さらにミスではなく、そもそもの仕事が合わず失敗を繰り返してしまうケースがあります。その場合は異動を検討するか、職場を変えるのも一つの手段です。
    それはあなたが悪いというよりは、たまたま仕事内容が合わなかっただけです。

    深く悩まずに適材適所、自分に合った仕事を見つけましょう。

    第3位「給料が低い」

  • 給料が低く仕事のモチベーションが上がらない
  • 給料の低さと仕事内容が見合ってない
  • 将来も給料が上がる見込みがない
  • ボーナスももらえず生活が苦しい
  • 給料が低いのに仕事量が多い、生活に余裕がないというお金に関する悩みは尽きないものです。

    今ついている仕事が世間と比べても低い水準でさらにそれを悩みとしているなら、まずは自分で行動することが大切です。

    対策方法:目標を決める

    現状に不満があるなら、“現時点”のことではなく”これから”のことに目を向けましょう。

    自分がどれくらいの給料であれば満足できるのか、目標とする給料を決めてください
    例えば「あと3年後に年収〜万円」「30歳までに〜万円稼ぐ」といった感じです。

    具体的な目標を決めることで、そのための手段・方法がより鮮明になります。

    • 現職で目標給与が「可能」な場合
      →社内で出世するには後何年かかるのか、何をすべきか考える
    • 現職では「実現不可能」な場合
      →副業または転職を考える

    会社からの増給を待っているだけでは何も変わりません。
    まずは自分で行動する必要があります。

    第4位「残業が多い・休日が少ない」

  • 残業が多く、休みがとれない
  • 就職したら残業の多い会社だった
  • 残業代が出ない
  • 残業が断れない
  • 残業が多いゆえに休む時間が削られると悩んでいる方は多いようです。

    そもそも労働基準法では月の残業時間が40時間以内と決まっています。
    そのため月40時間以上残業している場合は多すぎると認識しましょう。

    対策方法1.仕事に優先順位をつける

    「今何をするべきか」「最低限やらなければいけない仕事はなにか」を考え優先順位をつけましょう
    もし分からない場合は上司に素直にきくのもアリです。

    与えられた仕事を片っ端からこなす、というのは真面目そうに見えて非効率。

    前日や出勤時に今日やるべきことを把握し、淡々とこなすことが大切です。

    対策方法2.転職も視野に入れる

    会社自体がそもそも残業の多い場合は転職を検討するのも一つの手段です

    会社の残業システムを個人一人で変えることは不可能に近く、行政機関(労働基準監督署やあっせんなど)を利用したとしても現実的に難しいです。
    なぜなら行政機関が会社に注意を促したとしても強制力を持っておらず、会社側は無視することができるからです。

    したがって、残業で精神的にきついなら転職して心機一転するのがもっとも平和的な解決方法といえるでしょう。

    第5位「仕事量が多すぎる」

  • 仕事量が多く、抱えきれない
  • キャパオーバーの仕事を任された
  • 社員に仕事を押し付けられた
  • 仕事量と給料が見合ってない
  • 残業だけでなく、普段の仕事量も多いとなると負担になりますよね。
    キャパオーバーなら以下の対策をまずは試してください。

    対策方法:現状を変えるためにみずから動く

    もしあなたが入社したての新人なら、今は我慢して真面目に取り組みましょう。
    その際に「こんな仕事やりたくない」と思うのではなく、「自分の経験になる」「今は成長する時期」と前向きに捉えるのが大事です。

    それでも多すぎると感じるなら、新人という立場を活かして上司にやんわりと直訴するのもアリです。

    オトシゴくん

    入社したてならミスしても仕事が終わらなくても大丈夫。みんなそんなもんだよ…!

    一方で、もしあなたが6~10年働いているベテランであるなら、むしろその立場を利用して部下や他の人に頼むのも手です。
    その際は、「自分でできる限りはしっかりやる」「頼む時は低姿勢で」というのも忘れずに。

    仕事量が多いのは自分でなんとかするしかありません。
    他の人に頼ったり、前向きに捉えることで何かしら環境が変わることもありますよ!

    第6位「やりがいを感じない」

  • そもそも自分の好きな仕事じゃない
  • 楽な仕事だけどやりがいを感じない
  • 仕事が終わっても達成感がない
  • 本気で一生懸命になれない
  • 給料はそこそこだけどやりがいを感じない、仕事が楽しくないといった声は男女問わず幅広い世代に見受けられました。

    仕事はお金を重視しがちですが、1日のほとんどを使うならやりがいも欲しいものです。
    そんな方は以下の対策方法を試してみましょう。

    対策方法:何が自分にとって大切か見直す

    仕事において自分が何をもっとも大切にしたいか振り返りましょう。

    「お金」を重視するなら他のことは多少犠牲にしなくてはいけないかもしれません。
    もし「やりがい」を重視するなら忙しい・給料が減るという面が出てくるかもしれません。

    現実的に考えると、やりがいがあって仕事が楽で給料も高い、というのは難しいです。

    仕事では「お金」を重視し、趣味で「やりがい」を求める、といった切り替えをするのもアリ。

    仕事に何を求めるのか、まずはじっくり見直してください。

    もう限界!仕事・会社を”円満”に辞めるために

    現状に満足できないなら転職するのも手段の一つ。

    これまで見てきた対策方法でも難しいなら、思い切って転職しちゃいましょう!
    もしあなたが退職イコール悪い、というイメージを持っていたら、それは古い考えです。

    現在転職率は上昇傾向にあり、20人に一人が転職するという時代。
    また、転職をサポートする質の高いサービスが増えたことで転職するハードルもかなり下がりました。

    最後に退職する際に確認しておきたい3つのポイントを見ていきます。

    ポイント1.有休消化・残業未払いなど確認しておく

    退職前に有給休暇はどれくらい残っているのか、また残業未払いはあるのかしっかり把握しておきましょう。

    時々退職を伝えると有給休暇を取らせないという会社もありますが、それは違法です。
    必ず有休消化できるので請求してください。

    また、未払い残業代・退職金などの金銭面も念の為確認しておくことでスムーズに退職できます。

    ポイント2.退職前に転職先を決めておく

    もし退職を決意している場合は、事前に次の職場探しの準備をしておきましょう

    退職時は金銭面や環境の変化で不安になりやすい時期です。
    したがって事前に転職先を決めておくことで、精神的にも安心材料となります。

    さらに次の転職先があることは、退職時に止められたり何かしらトラブルがあった場合の抑止力になるでしょう

    ポイント3.トラブルになりそうな時は退職代行も一つの手

    「退職したいけど辞めさせてもらえない」「退職意思を伝えた後に仕事するのは気まづい…」「退職のことでトラブルになった」という場合は、退職代行サービスを利用するのも一つの手。

    退職代行サービスとは、仕事を辞めたいけど辞めづらいという方に代わって、専門の業者が退職手続きをしてくれるサービスです。
    そのため、退職まで仕事先の会社と依頼主が連絡を取る必要は一切ありません。

    退職代行を依頼するメリットは主に下記9つあります。

    • 退職成功率100%で円満退職できる
    • 上司に退職を伝える必要がない
    • 即日退職も可能
    • 3~5万円程度で依頼できる
    • 有休消化や給料の支払い等も対応してくれる
    • 懲役解雇にならない
    • 模索願など警察沙汰になる心配もない
    • 退職を親に伝わらないように対応してくれる
    • 法律範囲内を厳守している業者であれば非弁の恐れもない

    会社とのトラブルに発展するリスクを回避できる上に、たった3~5万円程度で円満退職が可能です
    もし弁護士を雇って退職した場合は着手金・オプション費などで計15万円以上かかることを考慮すれば非常に安いでしょう。

    現在退職代行業者は数多くありますが、中でもおすすめの業者は「退職代行ニコイチ」
    「退職代行ニコイチ」は創業14年で業界の中でもっとも長く、料金が一律28,000円と業界最安値であるのが特徴。
    (契約社員・アルバイトなど雇用形態問わず一律)

    1.退職代行ニコイチ
    ✔︎業界最安値 ✔︎創業14年の老舗 ✔︎心理カウンセラー在籍

    退職成功者数NO.1!格安&安心を求めるならコレ!

    ▶︎ 詳細ページへ

    また、創業から100%の退職成功率を継続し、コンプライアンスの徹底管理から適切な法律の範囲内で退職代行がされている信頼性があります。

    会社と無駄なトラブルを抑えてコスパよく円満退職するなら間違いなく退職代行業社をおすすめできます。


    「退職代行おすすめランキング20社」はこちら

    まとめ

    退職する自由は労働者一人一人が民法で守られている立派な権利です。

    当記事がここで主張したいのは、この記事を検索して読んでいる時点で少なからずあなたは会社について悩んでいるはずです。
    いくら我慢し続けたところで解決することはありません。自分を助けてくれるのは自分本人なのです。

    退職するには一見、勇気や行動力が必要に見えますが、前述したようにここ数年で気軽に転職できる時代になりました。

    入社1年目だろうと人手不足だろうと、みんな辞めていけるいい時代だなぁ。

    クジラちゃん

    ぜひ当記事を参考にしてあなたも次のステージに進んでみてください!


    「退職代行おすすめランキング20社」はこちら

    迷ったら!今月の人気(申込者数)ベスト3

    1.業界最安値!実績NO.1の「退職代行ニコイチ」
    退職成功率100% 創業14年の老舗 心理カウンセラー在籍

    退職成功者数NO.1!格安&安心を求めるなら間違いなし!

    ▶︎ 詳細ページ

    2.訴訟リスクを確実に避けるなら「退職代行サラバ」
    労働組合が運営 有休消化98%の成功率 即日退職可能

    サポート力抜群!転職サポート付き!

    ▶︎ 詳細ページ

    3.顧問弁護士による安全な退職なら「退職代行Jobs」
    弁護士監修による合法退職 今なら2万円割引 翌日後払いも対応

    全額返金保証有り!代表者の顔が見れるので安心面も◎

    ▶︎ 詳細ページ